鈴木彩艶(ザイオン)は下手なのか徹底調査!スーパープレーやスーパーセーブに注目!

当ページのリンクには広告が含まれています。

AFCアジアカップ2024が開催され、日本代表も無事にラウンド16を突破しました。
FIFAランキングでアジア最上位の日本代表は優勝候補ということで国民からも期待されています。

2022年に開催されたワールドカップでは、同じGKの権田選手が世界の強豪国相手にスーパーセーブを連発。
そんな中で今回のアジアカップでは失点が目立ち、鈴木彩艶選手は下手なのではないかと注目が集まっています。

目次

鈴木彩艶(ザイオン)は下手と言われる理由を徹底調査!

サッカーの世界では、ゴールキーパーの役割は非常に重要であり、チームの勝敗を左右することがあります。
特に、鈴木彩艶選手に対する「下手」という評価は、彼のパフォーマンスに対する一部の見解に過ぎません。

AFCアジアカップ2024でのいくつかの失点シーンが、この評価を生んでいます。
たとえば、ベトナム戦でのフリーキックからの失点や、イラク戦での序盤の失点、バーレーン戦でのコーナーキックからの失点など、これらの場面での鈴木選手の判断が批判の的となりました。

しかし、これらの瞬間だけを切り取って鈴木選手を評価することは、彼の能力を全面的には表していません。サッカーはチームスポーツであり、一つのプレーが全てを決定づけるわけではありません。

鈴木彩艶が下手といわれる理由 アジアカップ2024 VSベトナム戦

アジアカップ2024 VSベトナム戦の2失点目のシーン。
フリーキックからのシュートボールを鈴木彩艶選手が弾きましたが、相手選手に詰められてしまい失点。

このプレーに「弾く場所が悪い、キャッチできる」などのコメントが寄せられました。

鈴木彩艶が下手といわれる理由 アジアカップ2024 VSイラク戦

アジアカップ2024のグループステージ第2戦で日本代表はイラク代表に1-2で敗れました。

前半5分に日本が失点した1点目の場面。
鈴木彩艶選手がシュートボールを弾きましたが、イラクの選手に押し込まれゴールを許してしまいました。

このプレー以外にも、キャッチできそうな場面でパンチングしていたことから、『まだA代表は早いのでは?』との声があがってしまいました。

結果的に、日本代表が破れたことで、鈴木選手に対するコメントがより大きく目立ってしまいました。

鈴木彩艶が下手といわれる理由① AFCアジアカップ2024 VSバーレーン戦

AFCアジアカップ2024 ラウンド16のバーレーン戦での失点も目立ってしまいました。
コーナーキックからの場面で、相手選手のヘディングシュートをパンチングしましたが、少しミスがあり失点につながってしまいました。

元日本代表の田中マルクス闘莉王氏の動画では、選手一人一人のプレイに対する評価が細かく述べられており、特に鈴木彩艶選手については、彼のポジショニングや試合中の決定的な瞬間でのプレイについて詳しく語られています。

主な内容としては、失点までは悪いところはなかったとしつつ、90分のなかでいくら良くても、最後に失点すれば台無し。
・『最初のパンチングは両手でいけ』
・『ちゃんとキャッチできないならコーナーへ流せ』
・『ボールが上にこぼれた時こそパンチングしないといけないのにキャッチしにいった』

3回ミスしてあり得ないだから1回休ませるべきと鈴木選手のパフォーマンスに対して具体的なフィードバックを提供し、さらなる改善点を指摘しています。

鈴木彩艶(ザイオン)のスーパープレー(セーブ)集

鈴木彩艶選手は、多くの試合でその才能を発揮しています。

彼のスーパープレーには、前線への正確なパントキック、相手のシュートを見事に防ぐファインセーブ、PKを止めるなどの場面があります。
これらのプレーは、鈴木選手が持つ高い技術力、優れた判断力、そして試合を読む能力を示しています。

ゴールキーパーとしての彼の貢献は、失点や小さなミスによって影を潜めることはありません。

むしろ、彼のプレーはチームにとって不可欠なものであり、多くの場合、試合の流れを変える力を持っています。

鈴木彩艶のスーパープレー:前線へぴったりのパントキック

/ これぞ鈴木彩艶

パントキックを前線へピタリ
\ ハイボール処理からカウンター開始

堂安&旗手の魅惑のコンビネーションも フィニッシュは枠を捉えられず

DAZN Japan

鈴木彩艶のスーパープレー:シュートをファインセーブ

鈴木彩艶のスーパープレー:PKをストップ

鈴木彩艶(ザイオン)は下手なのか徹底調査のまとめ

鈴木彩艶選手に対する「下手」という評価は、彼の実際のパフォーマンスを正確に反映しているわけではありません。

AFCアジアカップ2024でのいくつかの失点はありましたが、それらは彼のゴールキーパーとしての全体的な能力を否定するものではありません。
実際に、彼は過去の試合で多くの素晴らしいセーブを見せており、チームの勝利に貢献しています。

ゴールキーパーは失点やミスが目立ちやすいポジションですが、重要なのは、そうした状況からどのように立ち直り、次のプレーに臨むかです。

鈴木選手はその点で高い能力を持っており、今後もチームのために大きな貢献をしてくれることでしょう。
サッカーはチームスポーツであり、全員で勝利を目指すべきです。

鈴木彩艶選手のこれからの活躍に、引き続き大きな期待を寄せています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次