【競泳】本多灯のwiki風プロフィール!学歴と経歴を徹底調査!

当ページのリンクには広告が含まれています。

水泳界における輝かしい星、本多灯選手。
2020年東京オリンピックでの銀メダル獲得や、短水路世界記録の保持者として、スポーツファンの間で広く知られています。
本多灯選手の学歴や経歴を深掘りし、彼が国内外でどのような輝かしい実績を残してきたのか、その道のりを紐解きます。

本多灯選手の人生とは何か、彼の学歴と経歴を通じて、その答えを探ります。

名前本多灯(ホンダトモル)
生年月日2001年12月31日
出身神奈川県横浜市
身長173cm
体重76kg

プロフィール概要

本多灯選手は、2001年12月31日生まれ、神奈川県横浜市出身の日本の競泳選手です。
専門はバタフライと個人メドレーで、特に200mバタフライでは2020東京オリンピックで銀メダルを獲得し、男子200mバタフライ(短水路)の世界記録保持者としても知られています。172cmの身長を持つ本多選手は、イトマン東京および日本大学に所属しており、若くして日本水泳界のトップ選手の一人に数えられています。

初期の教育と水泳への興味競泳への道のり

本多選手が水泳を始めたのは幼稚園の頃で、兄の影響がきっかけでした。中学時代からはアリーナつきみ野スイミングスクールで、その才能を開花させました。初期の段階から顕著な成果を上げ、少年時代からその才能は注目されていました。

目次

本多灯の学歴はどこ?

出身小学校:横浜市立二つ橋小学校

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次